私もあなたと同じようにバドミントンの練習法で悩んでいました

ラリー風景アップをして、チャイナステップ、サーキットトレーニング、シャドウフットワークをやって、そこからスマッシュなど各ショットの基礎打ち、パターン練習。それが終わると、ダブルス、シングルスのノックをして、最後にゲームをやって、クールダウン。

これがいつものメニューでした。

しかし、こういった基礎やいつもと同じメニューをいくら繰り返しても自分の実力が伸びてるとは思えなかったのです。コートでトレーニングできる時間は限られているのに、疲労やストレスをただ溜めていくだけでした。そこで何かないものかと自分で探しはじめました。

いろんな人に聞いてみても、結局、基礎トレーニングの積み重ねだといわれました。

インターネットで何かいい方法はないかとYahooやgoogleでバドミントンと入力して検索をかけてみても、自分が知りたい思い通りのものは見つけることはできなかったり、相当な時間がかかったりで、苦労を重ねるばかりでした。

シャトル書店などに行ってみてもバドミントンの書籍の数は数点で、バドミントンのレッスンが受けられる教室等の数も少ないのです。しかし、少ないながらも書籍を何冊も買ってきて片っ端から読みまくって、実践してはみるものの効果は出にくいものばかり。

やる気はあるのに、効果的なトレーニング法や情報を手に入れるのは難しく、他のスポーツと比べると圧倒的に、情報の質と量が少ないというのが現状でした。

しかし、解決策は見つからず、嫌々ながらも今までどおりのメニューを繰り返すしかなかったのです。

今あなたは、バドミントンの練習方法で悩んでいませんか?

きっかけは“ある練習法”との出合いでした

今、思い出すと「あのつらい経験があってこそ今がある」といえるのですが、当時は、どんな練習をすればいいのか?どうすればいいのか? と悩み、迷路に迷い込んでいるようでした。

当たり前の話なんですが、このままで上達できる可能性は低い。そう思い。あきらめきれずにいました。

そしてついに、ある時、“ある練習法”に出合ってしまったのです!

きっかけはちょっとしたことでした。私は何かあるはずだと、365日、常にアンテナを張っていました。すると、

「〇〇はとても大事な事なんです。」
「〇〇して、ただやっただけなんです。」
「〇〇したら、その通りにできました。」

スマッシュテレビや雑誌なんかで、このような事をトップ選手達が語っているのに気がついたのです。

はじめは「本当だろうか?」と信じ切れていない部分が多かったのですが、それからというもの、この方法について詳しく調べ研究し、理論を学んでいきました。

すると、どうでしょう。自分が上達を実感するよりも先に、まわりの仲間から驚かれるほど上達できたのです。色々な事を言われました・・・

「え!どうしたの!!」
「なんで!?」
「誰に習ったの!?」
「どれだけ厳しいトレーニングをしたの!?」

違うんです。この練習方法に出合っただけなんです。そして、ただ実践しただけなんです。

その驚きのバドミントン練習方法の詳細はこちらから

バドミントン上達のためにしなければならない事とは・・・

あなたは、このようなメニューを繰り返してはいませんか?

・基礎を繰り返す練習
・とにかくひたすらスマッシュなどを打ちまくる
・やみくもに同じ内容のメニューを続けている

日頃のメニューを毎日続けていくことで上達することがないわけではありませんが、これでは時間がとてもかかります。

私もこういった練習をやっていました。とにかく基礎や、反復練習をずっとやっていました。しかし、結局今まで通りの状態が続くばかりで、膨大な時間と労力を無駄にしているだけだったのです。効果も思っている以上に期待できません。きつく、つらい事の繰り返しではモチベーションも下がり、続けることも難しいのです。

しかし、ちょっとだけやり方を変えるだけで、ただきつく、つらいだけのトレーニングをする必要はなくなるのです。

「一体何をすれば・・・?」

実はですね、、、1日たった数分“ある事”を実践するだけなんです!

1日たった数分実践するだけでいい“ある事”とは?

Yahoo!ブックマークに登録

無料メールマガジン

私は本気であなたのお役に立ちたいと思っております。バドミントンに関するお得な情報を不定期ではありますが配信させていただいております。登録・解除はいつでも可能なのでお気軽にどうぞ。
お名前:
email : 

MENU

バドミントンwiki

当サイトについて

逆アクセスランキング

※全てのランキングはこちらからご覧いただけます。このランキングへの参加方法は当サイトへのリンクを貼るだけですと簡単です。アクセスランキング

■偉業を達成した秘密

ある世界の一流選手はこのトレーニング法を無意識のうちに自然と誰からも教わることなく行っていたそうです。

そしてあとで自分で勉強してみたところ「なるほど、こういう効果があったんだ」と理論付けをすることができ、改めてこのトレーニングの素晴らしさに気づいたというのです。

例を挙げるときりがありません。

彼らが無意識にやっていたのか意識的にやっていたのかはわかりませんがこのトレーニング法を実践してきたのです。

実践した人は成功した人なのです。そして他の人では残せないような偉業を達成しているのです。

■追伸

バドミントンで悩んでいる人は、いったいどれくらいいるのでしょうか?私も、バドミントンで悩み、苦しみ、諦めかけていました。

しかし偶然に、この上達法に出合ったことで、これらの悩みを解消することができたのです。

偶然ゆえに理屈で考えすぎず、素直に実践できたのだと思います。

「楽しく、そしてもっとうまくなりたい」と考えていたら、いつの間にか上達している上達法を見つけていました。

あなたも悩んでいるのでしたら、このトレーニング方法がお役にたてるかもしれません。

私が体験した驚きを、今度はあなたが感じてください。「うまくなるのは簡単なんだ」という事実を、是非、実感してください。